1件のコメント

  1. […] To:チームメンバーのみんなへ 我々はデータ、ファクト、ロジックに基づいた 意思決定をすることを大切にしています。 弊社の価値観の9番目です。 https://sml.essential.co.jp/mission たとえば、 「ウェブサイトの文字の色は赤がいいか、青がいいか」 という意思決定であれば、ABテストをしさえすれば どちらがよい結果なのかはわかります。 文字の色を赤にしたときと、青にしたときの反応率を 測定して比較すればいいだけだからです。 こういったケースでは、答えがわからなくてもよくて、 答えを確かめる方法がわかりさえすればいいのです。 ですが、データ、ファクト、ロジックにも限界があると知り、 絶対的なものだと信じないようにしましょう。 たとえば、倫理的・宗教的な問題がそれで、 「クローン人間を作ってもいいか、否か?」 という意思決定などです。 この場合、ABテストはできません。 もしクローン人間を作ってしまって、 それがダメだったとしたら、 そのクローン人間の始末はどうするのでしょうか? オルテガは著書『大衆の反逆』の中で 「大衆とは自己自身の限界を経験したことがない」 と言っています。 これは非常に示唆に富む発言だと思います。 我々は大衆にならないように 己の限界を知る必要があります。 同様に、私達が重要視している、 データ、ファクト、ロジックの限界についても 知る必要があると考えます。 データ、ファクト、ロジックは ともすると自然法と衝突するのです。 ご参考:自然法に基づく判断 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です